大事な楽器を高値で売るポイントは?高額査定をしてくれる楽器店の選び方

楽器の高価買取業者おすすめ10社【口コミ有】

買取の得意ジャンルを知る

買取の得意ジャンルを知る

楽器の買取業者にはそれぞれ得意分野があります。中古楽器を取り扱う楽器の専門店の中にも、ヴィンテージ楽器を専門とするお店やFenderやGibsonなど有名ブランドを主に取り扱うお店、hofnerやDanelectroなどのビザール系に強いお店、楽器の指向性を問わず幅広く取り扱うお店などいろいろあります。

自分が売ろうとしている楽器の価値をきちんと評価してもらうには、その価値をわかってくれるお店、つまりそのジャンルの楽器を得意としているお店に持ち込まなければなりません。そんなお店を見つけるには、販売商品の傾向や買取強化中の商品のジャンルをしっかり調査しておくことが必要です。

もちろんその前に売ろうとしている楽器について十分に把握しておかなければなりません。自分で買って使っていた楽器のことはある程度わかっていると思いますが、人から譲り受けたものや、人が使っていたものを売る場合にも、製造年や品番、シリーズ、そして状態を細かくチェックしておきましょう。

1点1点の査定額を明確に提示してもらう

1点1点の査定額を明確に提示してもらう

楽器を査定に出すのに専門店に持ち込んだ場合は、通常目の前で店員さんが査定してくれて、その結果について1つ1つ説明してくれます。しかし最近増えている宅配買取では、宅急便で発送して査定してもらい、その結果がメールで送られてくることになるので、査定方法や査定基準を知る術がありません。複数の機材をまとめて出している場合などは特に、ただ合計の査定額を知らされるだけというケースがほとんどです。

売る側もしっかり納得した上で買い取ってもらうためには、1点1点の査定額を明示してもらい、出来ればその金額になった理由も説明してもらったほうがいいでしょう。それをやりたがらない業者は要注意です。

リサイクルショップに楽器以外のものも含めて大量に商品を発送して査定してもらっている場合などは断られるケースもあるかもしれませんが、逆にしっかり価値をわかって値段をつけて欲しいのなら家具や洋服などと一緒に売るのはやめたほうがいいでしょう。

無料査定を依頼して金額を比較しよう!

しっかり事前調査をして傾向がわかって来たら、いくつか買取業者を絞って無料査定を依頼してみましょう。ネット上で出来る簡単査定もありますが、やはり実際に楽器を見た上での査定とは金額が変わってくるケースも多くあります。簡単査定で高額査定をほのめかすことで客を釣ろうとしているお店もありますが、そうでなくてもこちら側が伝えた情報が十分でなかったために本査定額との差が出て来てしまうこともあるのです。

店頭持ち込みのほかに宅配や出張で査定してくれて、金額に納得がいかなかった場合には無料でキャンセル出来る業者もたくさんあります。いくつかの業者に出して査定額を比較することで傾向もわかってくるし、こちらが気づいていなかった「売り」ポイントによって高額査定をしてもらえることもあります。

査定額を比較検討することで最終的にどこに売るべきかがわかってきます。手間はかかりますが、必ず事前に無料査定をいくつか依頼することをオススメします。